初めての人も簡単に理解できる!不動産買取で知っておきたい豆知識やポイントを紹介

高齢になり一軒家の生活が不便になることがあります。
階段を上り下りするのがしんどくなったり、古い家屋で玄関や浴室などの段差が非常に危険に感じ命の危険を感じる住まいになることもあります。
高齢であれば、こうした物件を売却してマンション暮らしに移行するのも賢明です。
当サイトでは、不動産の売却方法の不動産買取の豆知識や失敗しないポイントを初心者でもわかりやすくご紹介していきたいと思います。
少しでもお役に立てたら幸いです。

初めての人も簡単に理解できる!不動産買取で知っておきたい豆知識やポイントを紹介

不動産売価湯の方法には大きく二つ存在します。
ひとつは仲介といいって業者が愛台に立ち、買い手に物件を宣伝広告して売却します。
売れたら仲介手数料など諸経費が掛かりますが、周辺の土地相場で売却でき後悔があまりありません。
一方不動産買取という方法もあります。
不動産買取は業者が直接買い取るのがポイントです。
即時買い取ってくれるので物件のニーズに関係なく現金化できるのが魅力です。
だが周辺相場の二割減程度の値段で買い取られることもありますが、仲介手数料がかかりません。

仲介とは異なる不動産買取の流れや手続きについて

不動産買取を利用する場合、まずはどの不動産買取業者を選ぶか決めるための情報収集から始めることになるでしょう。
サービスや実績、相性などを考慮しつつ業者を決定したら、その業者に査定を頼みます。
この時に複数の不動産買取に査定を頼むことで、もっとも高い金額を出した業者を選ぶことができます。
査定金額に納得できる業者が見つかったら契約へと進みましょう。
査定金額に納得できない場合、直接交渉をしてみるのも良い方法です。
あくまで両者が納得した上で契約が進むため、妥協はせずに相手を選ぶことも重要になります。
契約が締結したら決算を行うのが通常の流れで、ここで物件はオーナーから不動産買取業者のものになります。
売却と引き渡しが完了したら、忘れずに行ないたい手続きが確定申告です。
不動産取引で利益を得た際には確定申告が必要です。
仲介とは手順が異なるため忘れがちですが、申告をしっかりと終わらせてすべての手続を完了しましょう。

不動産買取は仲介手数料がかからず近隣に知られることなく売却できるのがメリット

住宅や土地などの手持ちの不動産をできるだけ早く処分したい、そんな時に利用すると便利なのが不動産買取と呼ばれるサービスです。
通常の不動産仲介と違って広告活動などを行ったうえで買い手が現れるのを待つのではなく、事業者が自ら物件を購入してくれるため、スピーディーな現金化が可能です。
売却に要する期間が短いことの他にも、不動産買取にはいくつかの利点があります。
その1つが、仲介手数料が不要になるという点です。
自らが買い手となるわけですから、不動産会社は第三者に物件を売り渡すための手間をかけることがありません。
そのため、当然ながら手数料を売り手が負担する必要もなくなることになります。
また、人によっては売却が近隣に知られずに済むという点もメリットになり得ます。
これは言うまでもなく不動産会社自身が物件を買い取るので、わざわざ売り出しのために情報サイトに掲示したり、チラシを作製して近隣に配布したりする必要がないためです。

不動産買取は短期間で売却できスピーディーに現金化できる

不動産会社を使った仲介と比較すると、不動産買取は短期間で取引が完了します。
通常の仲介ではその物件をほしい人を探す必要がありますが、不動産買取では不動産会社や業者が買い主になるため、スピーディな契約締結が可能です。
どんなに高額の物件であっても、新しい買い手がついて契約が完了しないと現金化はできません。
直接的な取引で契約を締結できる不動産買取は、できるだけ早く物件を現金化したい人に向いた方法です。
通常売買ではあくまで住居などの物件を探している一般の人が買い手となるため、契約締結までの速度や入金までの期間の正確な予測は難しいでしょう。
不動産買取業者が相手の場合には、最短1週間程度で取引を完了することが可能です。
査定から契約、取引完了までスピーディに終えることができるので、海外赴任などを控えてできるだけ早く資産を整理したい人や、物件を手放して短期間のうちに現金化したい人にも使いやすい方法になっています。

不動産買取では契約不適合責任や瑕疵担保責任がある

契約不適合責任や瑕疵担保責任は、不動産会社を使って仲介による売却を行う際には、注意が必要な項目です。
仲介で買い手となるのは一般の人であり、これらの説明は売り手の責任となります。
しかし、不動産買取では仲介を利用せず、直接不動産買取業者や不動産会社と取引を行います。
不動産会社において取引相手となるのは一般の人ではなく、さまざまな知識を持った企業であり、プロフェッショナルです。
これらの要素により、不動産買取を利用した場合には契約不適合責任や瑕疵担保責任は免除となるのが通例となっています。
たとえ物件の持ち主であっても、すべての瑕疵を把握することは難しいでしょう。
悪意がなくても知らない間に瑕疵ができていた、把握できていなかったという例も十分にあり得ます。
契約不適合責任と瑕疵担保責任は引越し後10年間と長期間にわたって有効です。
契約不適合責任などについて不安を感じる場合には、不動産買取を利用することをおすすめします。

不動産買取の具体的な二つの方法について

企業に自分が持っている不動産買取を依頼するのには、二つの方法があります。
一つ目は不動産会社に買ってくれる人を探してもらう仲介と不動産会社が直接引き取るのが買取です。
どちらも一般的な方法です。
どちらの場合も良い買取企業とそれを担う不動産会社に出会う事が決め手です。
不動産買取は不動産会社に価格査定をお願いして売却します。
一方で広告会社と媒介契約を結び広告を出して買取り相手を探すのが仲介です。
家を買いたい人と売りたい人の間に入って、売買契約をまとめます。
一度契約を締結すれば広告を出したり内見してもらったりの販売促進活動を行うのは不動産会社です。
不動産会社が直接買主となるのが買取です。
こちらは直接の価格交渉を行えて売主が提示した希望や条件が揃えば契約を進めます。
会社は内情を知っているので、広告や査定を行う事はないので、時間の短縮になります。
つまり現金化までの期間を短く出来るのが最大のメリットと言えるでしょう。